iPhone買うならSEと6sどちらがいいか?

シェアする

こんばんわ!モリ丸です。

「iPhone SE」が発売された事でiPhoneに機種変更を検討していた人にとっては今が丁度良いタイミングではないでしょうか。

実際に僕も昨日、SoftBankショップに行って「iPhone SE」を予約してきました(笑)

関連:iPhone SEを買いにSoftBankショップに行った結果

直近で機種変更を考えている人にとって最新機種の「iPhone SE」にするか、一つ前のモデルの「iPhone 6s/6s Plus」にするかは迷うポイントだと思います。

今日はそんな人の為に「iPhone SE」「iPhone 6s/6s Plus」のスペックや価格をまとめてみました。

「iPhone SE/6s/6s Plus」の3機種でどれにするか迷っている人は是非、参考にしてください!

「iPhone SE/6s/6s Plus」のサイズ/機能を比較

 SE 6s
6s plus
容量  16GB/64GB  16GB/64GB/128GB  16GB/64GB/128GB
58.6mm 67.1mm 77.9mm
高さ 123.8mm 138.3mm 158.2mm
厚み 7.6mm 7.1mm 7.3mm
重さ 113g 143g 192g
ディスプレイサイズ 4インチ 4.7インチ 5.5インチ
3DTouch ×
Touch ID  ○  ○
システムチップ  Apple A9  Apple A9 Apple A9
メインカメラ画素数 1200万画素 1200万画素 1200万画素
インカメラ画素数 120万画素 500万画素 500万画素
Live Photos
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影 4Kビデオ撮影 4Kビデオ撮影
Apple Payの対応
カラー ローズゴールド
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
ローズゴールド
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
ローズゴールド
スペースグレイ
ゴールド
シルバー

「iPhone SE/6s/6s Plus」の3機種ではサイズの違いは勿論ありますが、機能面で比べると「容量」と「3DTouch」と「インカメラ画素数」以外はほぼ同じと言って問題ないレベルになってます。

3D touchとは、ディスプレイを押した圧力をセンサーが感知し、見た目は同じタップ操作でも押す強さによって異なる動作ができるようになる機能です。

「iPhone SE/6s/6s Plus」のバッテリーの比較

SE 6s 6s Plus
通話時間(3G) 最大14時間 最大14時間 最大24時間
連続待受時間 最大10日間 最大10日間 最大16時間
インターネット(3G) 最大12時間 最大10時間 最大12時間
インターネット(LTE) 最大13時間 最大10時間 最大12時間
インターネット(Wi-Fi) 最大13時間 最大11時間 最大12時間
HDビデオ再生 最大13時間 最大11時間 最大14時間
オーディオ再生 最大50時間 最大50時間 最大80時間

バッテリーの持続時間は圧倒的に「iPhone 6s Plus」が長持ちですね。

ただ、「iPhone SE」も小型端末の割りにバッテリーの持ちが良くインターネットの利用時間だけで比べると3機種の中で最も持続時間が長いです。

関連:iPhoneSEのバッテリー持続時間は期待値を超えた!!

「iPhone SE/6s/6s Plus」の価格比較

SE 6s 6s Plus
16GB 52,800円 86,800円 98,800円
64GB 64,800円 98,800円 110,800円
128GB 110,800円 122,800円

同じ容量であっても「iPhone SE」が他の機種に比べて群を抜いて安いです。

逆に「iPhone 6s/6s Plus」は64GB以上だと端末代だけで10万円前後の価格になる為、購入するの勇気がいりますね。

まとめ

「iPhone SE/6s/6s Plus」3機種の「サイズ」「機能」「バッテリー」「価格」を比較した内容をまとめました。

「iPhone SE」のまとめ

89

「iPhone SE」は4インチのコンパクトサイズではあるものの、「iPhone 6s/6sPlus」とほぼ変わらない機能を実装した最新機種です。

一番の特徴はやはりコンパクトなサイズ感で、iPhoneは片手で操作したいという方やiPhoneはポケットに入れて携帯する方など、操作性や持ち運びのし易さを求める方にはオススメです。

僕も「iPhone SE」を予約してますが、決めては操作性と持ち運びのし易さでした。

ネックな部分と言えば発売間もない為、在庫がなく手に入りずらいというところでしょうか。

関連:iPhone SEを買いにSoftBankショップに行った結果

関連:「iPhoneSE」をお得に買えるのはどのキャリアか?

「iPhone 6s」のまとめ

adfasd

「iPhone 6s」は「iPhone SE」に搭載されてない3DTouch機能」や「インカメラ画素数などが実装されており、「6s Plus」と並んで最も高機能な機種になります。

サイズは4.7インチと「iPhone SE」と比較して若干、大きいですが男性の手であれば片手操作も難しくないサイズ感です。

価格も「iPhone 6s Plus」に比べると安く購入ができるので、最新機能と価格で選ぶ方には「iPhone 6s」がオススメです。

「iPhone 6s Plus」のまとめ

6

「iPhone 6s Plus」はもはやスマートフォンじゃなくて、タブレットじゃないかと言うくらいデカいのが特徴です。

多少値段が張りますが、最新機能搭載でバッテリーも最も長く持続する事ができる機種になるので、大画面で迫力のある動画が見たいという方にはオススメです。

あえてオススメするなら「iPhone SE」

僕が「iPhone SE」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」の3機種の中であえてオススメするのであれば、「iPhone SE」です。

理由は他の機種に比べて圧倒的に低価格で購入できるにも関わらず、性能面には大きな大差がないからです。

「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone SE」の性能面の違いと言えば3DTouch」と「インカメラ画素数の2点くらいです。

3DTouch」はあれば便利ですし、「インカメラ画素数」の画素数も高ければ高いだけ嬉しいですが、なくて困るモノではありませんし、実際、この2つがなくてもiPhoneは使いやすい端末である事に変わりありません。

SEと6s/6s Plusでは同じ容量でも数万円の料金の違いがあり、この2つの性能の為に数万円を払う価値があるかと考えた際に、普通にiPhoneを利用するユーザーには「iPhone SE」の方が料金面と性能面を考えると向いている端末と言えると思います。

関連:iPhone SEを買いたいと思う理由は?

関連:iPhone SEの色で「スペースグレー」がおすすめな理由は?

関連:iPhone SEの人気の色を調査しました。