iPhone8に搭載が噂されている有機ELディスプレイって何?

シェアする

こんばんわ!モリ丸です。

これから「iPhone SE」「iPhone 7」の発売を控えている中、既に「iPhone 8」についての噂が流れ始めてます。

「iPhone 8」の発売は2018年と予想さており、(2016年:iPhone SE/iPhone 7、2017年:iPhone 7sという流れになると思われるから)その大きな目玉として「有機ELディスプレイ」が採用されると言われており、関係企業はビジネスチャンスとして活発に動き始めているようです。

images

有機ELディスプレイとは

有機ELディスプレイとは、ある種の有機化合物を用いた層状の構造体に電圧をかけると発光する有機EL現象を応用した表示装置。

ガラスなどでできた基板に有機物の発光体を蒸着し、微細な電極で電圧をかけることで発光させる。赤、青、緑の光の三原色を発する画素を規則正しく並べ、その組み合わせで色を表現する。発色の方式には、それぞれの色を発する発光体を並べる方式と、白色光を発する発光体を敷き詰めてそれぞれの色のついたカラーフィルタを被せる方式などがある。

液晶ディスプレイなどと同じように、機器を薄い板状にすることができる薄型ディスプレイの一種で、液晶など他方式に比べ、低い消費電力で高い輝度コントラストを得ることができ、視認性、応答速度、薄さ、軽さなどの点で優れた特性を持つ。また、曲がった面や(プラスチックなどの)柔らかい面を表示面とすることができるなど、他方式では難しい用途や装置への応用も可能とされる。

一方、加工・製造の難しさから低コスト化や大画面化には問題を抱え、実用化から長い年月を経ても一部の携帯機器などで細々と使われる状況に留まっている。

引用元:IT用語辞典

IT用語辞典では詳細を説明してくれてますが、要は液晶パネルに比べて、薄型・軽量で省電力、画質の鮮明性が良いという高性能な液晶です。

しかし、その反面生産技術が複雑で量産化が難しいというデメリットもあります。

adsfasd4

iPhone 8が曲がるかは分かりませんが、「有機ELディスプレイ」はこんな事もできるみたいです。

iPhone 8の有機ELディスプレイ採用は絶好のビジネスチャンス!

AppleがiPhone 8に有機ELディスプレイ採用する計画があると報道が流れ、現在、iPhoneのディスプレーに採用されている液晶パネルを提供している以下の3社は大きく動き始めてます。

・株式会社ジャパンディスプレイ(JDI)

・シャープ

・LGディスプレイ

※ジャパンディスプレイとシャープは日本企業だが、LGディスプレイは韓国企業となります。

既に3社とも有機ELディスプレイの研究開発を続けていますが、生産技術が複雑で国内勢はまだ量産化にこぎ着けてない様子です。

そんな中、LGディスプレイは既に自社のテレビ向けを中心に有機ELディスプレイの生産・販売を行っており、Appleの報道を受け韓国北西部の坡州(パジュ)にある有機ELディスプレイ生産施設に大規模投資を行うと方針を伝えてます。

また、日刊工業新聞が運営するウェブメディア『ニュースイッチ』は鴻海(ホンハイ)による巨額の買収が騒がれてるシャープも鴻海と協業しiPhone 8に搭載する有機ELディスプレイの受注獲得に向けて尽力するのではないかと伝えています。

まとめ

iPhone 8に有機ELディスプレイを搭載するという報道で各社、既に動き始めてますが、有機ELディスプレイはiPhone 8が搭載する事でマーケットは更に伸びると考えれてます。

その理由は中国のスマートフォンマーケットです。

中国のスマートフォンはこれまでAppleのマネをすることでシェアを伸ばしてきました。

中国のスマホメーカーは、アップルが有機ELディスプレイを採用すれば追随する可能性が高い為、一気に有機ELディスプレイの販売が拡大する可能性があると想定されてます。

2018年発売予定のiPhone 8に搭載が予想されている有機ELディスプレイのシェアはどこのあ会社が取るんでしょうね。

個人的は日本企業が多くのシェアを取ってくれる方が嬉しですけど、今からどうなるか楽しみです。

それでは!