SIMカードや格安SIMって何?っていう人向けに分かりやすく意味を解説

シェアする

SIMカード格安SIMっていう言葉を最近よく聞くようになりました。

なんとなくスマートフォンを利用する際に必要なモノっていう印象がある人は多いと思いますが、実際はどんなモノなのかしっかりと理解している人は少ないと思います。

まあ、普段生活していてSIMカードや格安SIMが話のネタになる事がほとんどないので、意味を理解してなくて当たり前なんですが(笑)

でも、このSIMカードや格安SIMの意味を理解すれば月々の携帯代を節約する事ができるかもしれないので、このブログを見てくれている人には是非、理解してもらいたいです。

自画自賛になりますが、スマートフォン周りの事を全然知らない人でも理解できるくらい分かりやすく説明できていると思うので興味をがある人は是非、読み進めてみてください。

SIMカードって何?

SIMカードは電話番号を特定する為の固有のID番号が記録されているICカードの事です。

SIMカードは携帯電話(スマートフォン)の中に搭載されており、これがないと電話やデータ通信を行う事がでないので、携帯電話の利用する上でとても大切なモノです。

※SIMカードがなくてもWi-Fiが繫がっていればインターネットは利用できます。

モリ丸愛用のiPhone5sのSIMカード

僕が愛用しているiPhone5sのSIMカードです。ファイル 2016-06-12 18 36 17

大きさのイメージをしやすいように1円玉と比較させてみました。

SIMカードは1円玉より小さいんです!

SIMカードは基本的にドコモやau、ソフトバンクと言ったキャリアと契約をして携帯電話を利用している場合、そのキャリアのSIMカードが端末に搭載されています。

僕はソフトバンクで契約したiPhone5sを利用しているので、ソフトバンクのSIMカードになっています。

関連:iPhoneのSIMカードの取り外し方

SIMカードの種類

SIMカードの種類は3種類あります。

種類 大きさ 特徴
microSIM 横12mm×縦15mm 標準SIMより一回り小さい。キャリアスマホを始めほとんどのMVNOが取り扱っている。
nanoSIM 横8.8mm×縦12.3mm 2種類の中で最も小さい。iPhone/iPadが他のモデルに先駆けて採用し、最新のiPhone 6s/6s PlusやiPhone SEもこのサイズを使用している。
標準SIM 横15mm×縦25mm 3種類の中で最も大きいサイズ。2011年頃までに発売されたスマホやケータイに採用されていた。最新機種ではほとんど対応しておらず、取り扱ってないMVNOも多い。

ここでMVNOという単語が出てきましたが、後で説明するのでご心配なく!

格安SIMとは?

格安SIMも言ってみればSIMカードなんですが、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)以外の業者(MVNO)が提供しているSIMカードの事をと言います。

ここでは分かりやすくキャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)のSIMカードを通常SIM、それ以外の業者(MVNO)のSIMカードを格安SIMと呼んで説明しようと思います。

※実際には通常SIMカードという単語はありません。

MVNOとは?

MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略で日本語に直すと仮想移動体サービス事業者と言います。

※現在、国内では100社を超えるMVNOが存在すると言われています。

MVNOは自社で通信網を保有せず、大手キャリア(ドコモ、au)から通信網を借り受け、ユーザーに電話やインターネットなどのデータ通信を提供しています。

MVNOに通信網を提供しているキャリアはドコモとauでソフトバンクは提供していません。

その中でも現在は圧倒的にドコモの通信網を利用しているMVNOが多いです。

キャリア MVNO(一例)
ドコモ IIJmio、DMM.com、楽天、BIGLOBE、NTTコミュニケーション、ニフティ、U-NEXT、など
au ケイ・オプティコム、UQコミュニケーションズ
ソフトバンク なし(2016年6月時点)

オススメMVNO

格安SIM業界の最安値に挑戦する「DMM mobile」 のまとめ

格安SIM「FREETEL」の他社にない特徴

格安SIM「OCN モバイル ONE」4つの特徴

楽天モバイルがユーザーから人気を得ているの4つ理由

日本通信の格安SIM「b-mobile」の特徴とは?

格安SIMの特徴

格安SIMの特徴はその名の通り、通常SIM(キャリア提供のSIMカード)と比べて月額料金が圧倒的に安いです。

どれくらい安いかと言うと、その人が月にどれくらい電話やインターネットを利用しているかによりますが、月に6000円~7000円くらいの携帯代った人だと、おそらく3000円~3500円くらいに抑える事ができると思います。

どうして、月々の携帯代を抑える事ができるのか?

通信サービスを行う場合、電話やインターネットネットをする為の通信網は必ず必要ですが、この設備を作り上げる為には膨大な費用と時間を投下しなければいけません。

MVNOはこの通信網を自社で保有せずにキャリアから借りる事で設備投資のコストを抑える事ができ、ユーザーに安い料金で通信サービスが提供できます。

まとめ

SIMカード、格安SIMについて説明してきましたが内容は理解できましたか?

ざっくり、まとめるとSIMカードとは携帯電話(スマートフォン)を利用する際に必ず、必要なICカードでなくては携帯電話の利用ができません。

そして、格安SIMとはMVNOが提供するSIMカードでキャリアのSIMより圧倒的に安い料金で携帯電話の利用が可能です。

格安SIMに興味を持った方は以下の記事も読んでみてください。更に知識がアップするはずです。

格安SIMお役立ち情報

シェアする

フォローする