【衝撃】中国の未成年カップルがiPhone欲しいが為に我が子を売り飛ばす。。。

シェアする

こんばんわ!モリ丸です。

最近、経済発展が著しく日本経済にも大きな影響を及ぼす存在になりつつある、中国でiPhoneが関わった衝撃的な事件が発生しました。

その事件というのが中国在住の19歳の男性が、新しいバイクとiPhoneを欲しいが為に、生まれて18日の自分の娘を売ったとして、この男性と子供の母親が有罪判決を受けました。

iPhoneとバイクの為に娘のを売る

地元メディアの報道による と、男性は約1年前に福建省の同安区で、娘と引き換えに2万3,000元(約40万円)を受け取り、そのお金でバイクとiPhoneを買いました。男性は中国で人気のチャットサービス「QQ」で買い手を探し、金額の交渉を行ったとのことです。買い手は自分の姉妹のために赤ちゃんを買ったと報じられています。

日本では考えられない現実

この男性は高校も卒業しておらず、一日の大半の時間をインターネットカフェで過ごす生活をしていました。日本で言うニートですね。

そして、子供の母親は妊娠した時に法的に結婚ができる年齢に達しておらず、男性は女性に同意を得ないまま子供を売り飛ばしたようです。

子供の母親は娘が売り飛ばされた後に姿を消していたようですが、警察によって所在が明らかになり、この女性も逮捕される事になりました。

女性は「私自身も養女で、故郷では育てられないという理由で、誰もが子どもを売っていた。違法だなんて本当に知らなかった」と告白しています。

日本でもたまに自分の子供に暴力を振るったり、どこかに捨て去るような事件はありますが、それを違法じゃないと思ってやっている人はいないはずです。

この女性の発言は外からみると経済発展が著しく市民の生活も豊かになりつつある一方で貧富の差はまだまだ残っている現状を表してます。

子どもの父母はともに有罪判決を受けましたが、彼らの置かれた厳しい環境が考慮され、男性は3年間の実刑判決、女性は2年半の執行猶予付き判決を言い渡されました。

判決結果についての思う事

子供の父親の判決は適切なのかという疑問を持ちました。

母親については子供を売る事を知らされてなかった事と、彼女も貧しい家庭に生まれ彼女自身もですが周りでも養子という親子関係が普通であれば、人身売買が違法という認識は持ちずらいと思うので、判決結果を考慮するのは納得がいきました。

しかし、父親については一にの大半をインターネットカフェで生活している点と、子供を売ったお金で購入したのがバイクとiPhoneという言うのは、ただ単に男性が私利私欲を満たす為だけに子供を売ったのではないかと考えてしまいます。

実際にところは分かりませんが、こういう悲しい事件が今後、起こらない事を願います。

それでは!

シェアする

フォローする