「Safari」でWEBページを見やすくする8つのスゴ技!

シェアする

こんばんわ!モリ丸です。

iPhoneの標準ブラウザー「Safari」には、WEBページを快適に読むための機能がたくさんある事を知ってますか?

簡単な設定をするだけで使い勝手が格段に良くなります。

今日はiPhoneでWEBページを見やすくする「Safari」の8つのスゴ技を紹介します。

よく見るWEBページを一発で開く

「Safari」には、よく利用するWEBページを一瞬で開く設定が用意されてます。

新規タブに登録する

WEBページを開き赤枠の「アクション」ボタンをタップします。

 ファイル 2016-04-25 21 48 35

赤枠の「お気に入りに追加」をタップします。

ファイル 2016-04-25 22 19 52

「お気に入り」名を入力して保存をタップすれば完了です。

ファイル 2016-04-25 22 23 17

「お気に入りに追加」したWEBサイトは「Safari」の新規タブやホーム画面に表示されるので、素早くアクセスする事ができます。

ファイル 2016-04-25 22 23 29

ホーム画面に登録する

WEBページを開いて「アクション」ボタンをタップ後、赤枠の「ホーム画面に追加」をタップします。

ファイル 2016-04-25 22 32 25

ホーム画面に表示されるサイト名を入力して「追加」をタップします。

ファイル 2016-04-25 22 32 44

そうすると、ホーム画面に登録されるます。

WEBサイトが見たい時はホーム画面のアイコンをタップするとすぐにアクセスできます。

ファイル 2016-04-25 22 33 01

リンクをバックグラウンドで開く

「Safari」でWEBページ内のリンクをタップすると、リンク先のページに表示が切り替わる事があります。

続けてほかのリンクも開きたい場合、いちいち元のページに表示を切り替える必要があり、面倒ですよね。

そんな時はリンク先のページをバックグラウンドで開くように設定をすれば、今、見ているページを表示したまま、その後ろでリンク先が開けるようになるので便利です。

リンクをバックグラウンドで開く設定方法

「設定」アプリを開き、「Safari」をタップします。

ファイル 2016-04-25 21 33 19

「リンクを開く」をタップします。

ファイル 2016-04-25 21 33 37

「バックグラウンド」にチェックを入れて完了です。

ファイル 2016-04-25 21 33 56

気になるページを別タブで次々に開ける

WEBページの気になるページリンクを長押しして、下記のメニューを表示させ、赤枠の「バックグラウンドで開く」をタップします。

すると今見ているページを表示したまま、リンク先が別タブで開きます。

ファイル 2016-04-25 21 43 38

バックグラウンドで開いたリンクをみる際は右下の赤枠のアイコンをタップして、バックグラウンドを開きます。

ファイル 2016-04-25 21 48 35

バックグラウンドの中にリンクが表示されるので、見たいリンクをタップするとそのリンクにアクセスできます。

ファイル 2016-04-25 21 43 50

ホーム画面からWEB検索

WEBページの検索はいちいち「Safari」を起動しなくても「Spotlight」検索を使えばWEBページや「ウィキペディア」も検索できます。

ホーム画面を下へスライドさせて「Spotlight」検索を表示させます。

検索窓にキーワードを入力後、「Webを検索」をタップすると「Safari」を起動する必要なくネット検索ができます。

ファイル 2016-04-25 22 03 00

パソコン用のページを読みやすく表示

パソコン画面で見やすいようにデザインされたWEBページはiPhoneの画面では読みづらい場合がありますが、「リーダー」機能が使えば記事だけが抽出されとても見やすくなります。

パソコン画面にデザインされているWEBサイトをiPhoneで表示した際に左上の「リーダー」ボタンをタップします。

ファイル 2016-04-25 22 46 26

そうすると記事の本文と画像だけ抜き出され、記事が読みやすくなります。

ファイル 2016-04-25 22 46 43

開いているページ内を検索

WEBページの中から特定のキーワードを検索したい時は「ページを検索」機能を使います。

「アクション」ボタンをタップします。

ファイル 2016-04-25 22 56 05

赤枠の「ページを検索」をタップします。

ファイル 2016-04-25 22 56 20

検索欄に検索したいキーワードを入力して検索を実行すると、ページにある該当キーワードがハイライト表示され、その場所に移動します。

ファイル 2016-04-25 22 56 37

パソコン用のWEBページに素早く切り替える

スマホに最適化されているWEBページをパソコン用のデザインに変更して表示させる事が可能です。

詳細はコチラで紹介してます。

Safariで表示しているスマホ最適化サイトを簡単にパスコン用サイトに切替える裏技

リーディングリストを活用する

後で読みたいWEBページは「Safari」の「リーディングリスト」に登録しておくと、いつでも読みたい時に読めます。

後で読みたいWEBページで「アクション」ボタンをタップします。

ファイル 2016-04-25 22 56 05

赤枠の「リーディングリストに追加」をタップします。

ファイル 2016-04-25 23 27 50

登録したページ確認方法は赤枠の「ブックマーク」をタップします。

ファイル 2016-04-25 22 56 05

「赤枠」のメガネマークをタップすると、登録したWEBページが表示されるのでタップをすれば見る事ができます。

ファイル 2016-04-25 23 28 07

閲覧履歴を一気にさかのぼる

昨日、読んだWEBページをもう一度読みたいと思ったけど、思っているページが見つからないという時は閲覧履歴を利用しましょう。

方法は2つあります。

見ているタブの履歴をたどる方法

今、見ているタブで開いた2つ前、3つ前のページに戻るには左下の「<」マークをロングタップします。

ファイル 2016-04-25 23 39 15

そうすると赤枠のように過去の履歴一覧が表示されるので、タップすると見る事ができます。

ファイル 2016-04-25 23 39 31

履歴全体から探す

「ブックマーク」ページから赤枠の「履歴」をタップします。

ファイル 2016-04-25 23 48 58

そうすると、以下の画像のように履歴一覧が表示されるます。

ファイル 2016-04-25 23 49 15

履歴全体からの方が過去の履歴が多く表示されるので、数日前のWEBサイトを探す場合などはコチラのほうが便利です。

様々な機能を駆使すればWEBページの閲覧が快適に!!

如何でしたでしょうか?

「Safari」でWEBサイトを見る場合に便利な機能を8つ紹介しました。

別になくてもいい機能ではありますが、あればWEBサイトの閲覧を快適にしてくれる機能です。

是非、試してみてもらえれば幸いです。

関連:iPhoneの使える「お節介機能」TOP5を紹介

関連:「Safari」でWEBページを見やすくする8つのスゴ技!

関連:iPhoneの動作、バッテリー消費の不満を解消する8つのスゴ技

関連:iPhoneの「電話」機能を使いやすくするスゴ技