「iPhone SE」の発売後も販売を継続する「iPhone 5s」その人気の理由は?

シェアする

こんばんわ!モリ丸です。

Appleに関する情報やニュースを配信しているAppleInsiderは、3月21日に発表が噂されている「iPhone SE」が発売開始後も、「iPhone 5s」の販売は継続する可能性が高いと伝えてます。

米国の投資会社パイパー・ジェフリーに所属するアナリストのジーン・マンスター氏が発表した最新の予測では、「iPhone 5s」は「iPhone SE」の発売開始後、価格を250ドル~350ドル(日本円で約2万8000円~4万円)に値下げされ、ロシアやインド、ブラジルなどの新興成長市場において販売が継続される可能性があるという事です。

また、米国の投資銀行JPモルガンに属するアナリストのロッド・ホール氏もジーン・マンスター氏も同様の見解を示しています。

今やiPhone 6s/6s Plusが最新の機種の時代に「iPhone 5s」ってどうなの?って思われている方もいるかと思いますが、未だに「iPhone 5s」ってユーザーからのニーズがあるんです!

そして実は何を隠そう僕もまだバリバリ「iPhone 5s」を利用しているユーザーの一人ですし(笑)

iPhone 5sのスペック

iphone5s-step1-gallery1-2015

iPhone 5sのスペックを簡単にまとめました。

  • カラー:スペースグレイ、シルバー、ゴールド
  • 容量:16GB, 32GB, 64GB
  • 幅x高さx厚み:58.6×123.8×7.6 mm
  • 重さ:112g
  • ディスプレイ:4インチ Retina
  • CPU:Apple A7
  • カメラ画素数:800万画素
  • Toch ID(指紋認証):有り

機能面は最新の「iPhone 6シリーズ」の方が優れてまますが、「iPhone 5s」が最新の機種と比べて人気がある理由は片手で操作ができるサイズにあります。

僕もこの片手だけで画面タップやスワイプを行えるサイズが非常に好きで、且、機能面についても最新機種に劣ってはいるものの、iPhoneの操作で不憫する事がないレベルではあるので、機能より操作性を重視するユーザーからの指示が高い機種になります。

「iPhone 5s」ワイモバイルが販売開始し3日間で売切れ

「iPhone 5s」の人気を表す出来事として、ワイモバイルが「iPhone 5s」の販売開始があります。

ワイモバイルは、3月4日に自社オンラインショップで「iPhone 5s」の販売を開始しましたが、販売を開始して3日後の3月7日には一次出荷分が完売になってしまうほどのスピードで売れてしまいました。

ワイモバイルの場合は格安の料金プランなども影響していると思いますが、それでも2世代前の機種であれば「iPhone 5s」がこんなに早く売り切れるのはまだまだ、ユーザーからのニーズがある証拠だと思います。

「iPhone SE」の発売が開始しても、継続販売される可能性が高い「iPhone 5s」ですが、今年の9月には「iPhone 7」の発売も控えてます。

価格やサイズなどを考慮すると意外と新機種に負けないくらいのニーズがあると思いますし、個人的にも3年以上利用している非常に愛着のある機種なので、できるだけ永く販売していてもらいたいなと思ってます。