iPhone 7/7 Plusのサイズ、デザイン、機能の情報まとめ

シェアする

こんばんわ!モリ丸です。

今年の秋に発売が噂されている「iPhone 7/7 Plus」ですが、今までの傾向だとフルモデルチェンジするタイミングの端末という事もあり、今から注目集めてますね。

僕も「iPhone 7/7 Plus」の情報は常にアンテナを張って情報収集しており、今まで蓄積した情報から実現する/しないを個人的に精査してみました。

その中でこれは実現するだろうという情報をまとめてみる事にしました。

あくまで僕個人の見解なので、「信じるか信じないかはあなた次第」です!!

「iPhone 7/7 Plus」のディスプレイサイズ

「iPhone 7/7 Plus」のディスプレイサイズは「iPhone 6s/6s Plus」と同じ、4.7インチと5.5インチになる。

一部の噂では「iPhone 7/7 Plus」ともに5.2インチになるという情報もあります。

しかし、Apple社の動向に詳しいKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏の分析で「iPhone 7/7 Plus」への搭載が噂されていたデュアルレンズカメラが「5.5インチのiPhone7 Plus」のみに搭載されるとリークしている事から「iPhone 7 Plus」は5.5インチは間違いないと想定できます。

「iPhone 7 Plus」が5.5インチなら「iPhone 7」のディスプレイサイズは「iPhone 6s」でユーザーからの改善要望などがないようであれば「iPhone 6s/6s Plus」と合わせて4.7インチになるのが最もしっくりきます。

2

「iPhone 7/7 Plus」のデザイン

「iPhone 7/7 Plus」のデザインについてはデザイナーMartin Hajek氏が2種類コンセプトデザインを発表しました。

左右のベゼルが消えた「ナローベゼル」モデル

ベゼルとは日本語で縁、枠という意味になるので、この「ナローベゼル」は極限までディスプレイの縁を削ったデザインという事になります。

既に「iPhone 6シリーズ」で従来モデルよりも画面周囲のベゼルが狭くなってましたが、このコンセプトデザインでは左右のベゼルを完全に消してしまってます。

ナローベゼル

上下のベゼルも、ホームボタンが収まる範囲で極限まで狭くするために、上部の受話部を前面から上面に移動させてますね。

ナローベゼル②

「iPhone6」で採用された曲面ガラスのギリギリまでディスプレイとして使われています。

ナローベゼル③

前面がすべてディスプレイの「フルスクリーン」モデル

iPhone特徴であるホームボタンと受話部分を除いて、前面をすべてディスプレイにしたデザインです。

フルスクリーン

受話部より上の部分は電波強度や電池残量表示部として使っています。

フルスクリーン②

ホームボタンの両脇には、コントロールセンターの一部機能を表示してます。

フルスクリーン③

「ナローベゼル」と「フルスクリーン」どちらのモデルを採用するのか?

「ナローベゼル」と「フルスクリーン」だとAppleはおそらく「ナローベゼル」を採用すると思います。

iPhone6シリーズが発売されてから、ディスプレイサイズが大きくなったのは嬉しい事ですが、それに比例して端末のサイズ自体も大きくなり使いずらいというユーザーが増加してます。

「iPhone SE」が4インチサイズで発売されたのも、コンパクトサイズのiPhoneが使いやすいというニーズがあったからのはずです。

そのニーズを含めて考えると「フルスクリーン」モデルは端末のサイズが更に大きくなってしまい、ユーザビリティの低下に繫がります。

逆に「ナローベゼル」は以下の画像の通り、「iPhone 6」と同じディスプレイサイズにも関わらず、端末の大きさは小さくなってます。

iPhone7

「フルスクリーン」の今までにない斬新なデザインもいいですが、「iPhone SE」の人気も影響して使いやすいコンパクトサイズのニーズが広がってくることが想定できます。

だからこそ、Appleは「ナローベゼル」を選択すると僕は思ってます。

「iPhone 7 Plus」にデュアルレンズカメラの搭載

ディスプレイサイズの部分で紹介しましたが、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏の分析で「iPhone 7 Plus」デュアルレンズカメラが搭載されるとリークしてます。

また、「iPhone 6s」に「iPhone 7」向けのケースを装着した際にカメラ部分に大きなズレも発見されているので、これは間違いないと思います。

デュアルレンズカメラって何?という場合はコチラをご覧ください。

「iPhone 7 Pro」と「iPhone 7 Plus」に搭載が噂されている「デュアルカメラ」の機能は本当にすごい!

【速報】iPhone 7 Plus/Proに搭載が噂されているデュアルレンズのデモ動画が公開!

イヤホン端子撤廃で更に薄型に

イヤホン端子を撤廃する事で「iPhone 6s/6s Plus」より1ミリ薄くなるようです。

3.5ミリのイヤホン端子が撤廃されたら、電車や街中でどうやって音楽を聴くの?って思いますよね?

今、出ている情報ではBluetoothでデータ通信を行うBluetoothイヤホンLightningコネクタをイヤホン端子として使えるようになるという2つの噂があります。

無線で音楽が聴けるBluetoothイヤホンは魅力的ですが、純粋に音質を考えればLightningコネクタから有線で繋いで聞く方がいいかなと個人的に思ってます。

どちらにせよ、「iPhone 7/7 Plus」では今利用している3.5ミリのイヤホン端子は利用できなくなりそうです。

iPhone7_イヤホン端子

薄型になってもバッテリー容量はUP

イヤホン端子を撤廃してまで図られる薄型化ですが、その影響でバッテリー容量が減少すると思われてましたが、減少どころか増加する模様です!

噂では最大で3,100mAhになるということですが、現行の機種で最も容量のある「iPhone 6s Plus」で2,759mAhなので約340mAhも上昇する可能性があります。

「iPhone 7/7 Plus」の薄型化とバッテリー容量の両立は通信用の電波をコントロールするモジュールの小型化によって可能になります。

その通信部品を製造する日本メーカーにAppleから大型の注文が入っているようです!

具体的なメーカーの社名までは開示されてないようですが、iPhoneの進化に日本の技術が貢献している事を誇りに思います!

A10プロセッサの搭載

「iPhone 7/7 Plus」では現行機種のA9プロセッサからA10プロセッサに進化すると思います。

既に2015年の冬頃に台湾TSMCという企業がA10プロセッサの独占受注し3月から製造を開始するという報道が出ており、英金融大手のHSBCがこの情報が正しいと判断してます。

プロセッサは一定の手順に基づいてデータを変換・演算・加工する機能を持った装置やソフトウェア、システムなどの事です。

プロセッサが進化する事でデータの処理速度が速くったり、バッテリーの消耗が軽減したりと色々な面でメリットがあります。

A10

まとめ

「iPhone 7/7 Plus」については紹介した5つ内容以外にも防水仕様やブラックの色が再登場するなど、たくさんの噂が流れてます。

その中で、紹介した5つは僕の中で「iPhone 7/7 Plus」に実現する内容だと信じてます。

信じるか信じないかはあなた次第!!

関連:【これを見れば完璧】iPhone7の噂を全てまとめてみた!!スペック、サイズ、イヤホンジャック、デュアルカメラ、新色スペースブラック、大きさ、防水、発売日、値段など