格安SIMに変更できるiPhoneと機種とSIMロック解除方法を紹介

シェアする

2015年5月1日から「SIMロック解除の義務化」が始まりました。

これに伴い各キャリアで提供している端末でもSIMロックを解除すれば、自分の好きなSIMに切り替える事ができるようになりました。

ただ、「SIMロック解除の義務化」が行われたのは2015年5月1日からなので、今までキャリアで販売していた全ての端末でSIMロックが解除できる訳ではありません。

これはiPhoneも同じです。

今日はSIMロックが解除できるiPhoneの機種とSIMロック解除の方法を紹介します。

SIMロックが解除できるiPhoneは?

SIMロックが解除できるiPhoneは2015年5月以降に発売された「iPhone 6s/6s Plus」からです。

今だと「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPhone SE」の3機種ですね。

残念ながら、それ以外のiPhoneの機種でキャリアで購入されて場合はSIMロックの解除ができないので、永久にそのキャリアを利用する必要があります。

国内主要キャリアの通信方式・周波数帯をカバー

一般的なスマホは購入時のキャリアのネットワークに最適化されていて、SIMロックを解除しても端末と同じ通信回線でないと正常に利用できなというケースがあります。

iPhoneについては国内主要キャリアの通信方式・周波数帯をほぼカバーしているので、基本的にどのキャリアの通信回線でも正常に利用する事ができます。

SIMロック解除の方法

各キャリアのSIMロック解除の規定です。

キャリア 条件 解除料金
WEB 電話 店頭
NTTドコモ 端末購入から6ヵ月以降 無料 3,240円 3,240円
au 端末購入から180日目以降 無料 3,240円
ソフトバンク 端末購入から180ニメ以降 無料 3,240円

※金額は税込

どのキャリアも端末購入後半年が経過後からSIMロック解除ができるので、2015年11月までにiPhone6s/6s Plusを購入された方はSIMロックの解除が可能です。

WEBでSIMロックを解除すれば解除料金は無料

解除方法はWEB、電話、店頭の3つから選択できますが、電話と店頭では3,240円(税込)の手数料が発生してしまうので、無料でSIMロック解除ができるWEBがオススメです。

WEBでSIMロックを解除する方法

①該当キャリアの以下WEBサイトにアクセス

NTTドコモ⇒My docomo

パソコンから「My docomo」にアクセスし「ドコモオンライン手続き」⇒「その他」⇒「SIMロック解除」の「お手続き」をクリック

au⇒auお客さまサポート

ログインし、「操作・設定・トラブル」の「SIMロック解除の手続きをする」をクリック

ソフトバンク⇒My SoftBank

ログインし、「契約の確認・変更」から「SIMロック解除対象機種の手続き」をクリック

そして、製造番号(IMEI)を入力し解除コードを発行します。

②SIMカードを取り出し、新しいSIMカードを挿入する

関連:iPhone5sのSIMカードの取り出し方・入れ方。

③設定プロセスを完了

SIM挿入後に電源をいれると、iPhoneのアクティベーション作業が始まります。

Apple IDとパスワードの入力を行うと完了です。

SIMロック解除の注意点

端末データが消失する可能性あり

SIMロックを解除すると、端末内のデータが変化・消失する可能性があります。

事前に連絡先や写真など大切なデータはバックアップを取っておきましょう。

解約しなれけばキャリアのサービスは継続

SIMロックを解除してもキャリアも契約が解除されるわけではありません。

キャリアの契約解除も忘れずに行わないと、知らない間に無駄な料金が発生してしまいます。