iPhoneを長く利用する為に意識している7つ事

シェアする

こんにちわ!モリ丸です。

この前、友人との会話で今、使っているiPhoneが何年目かという話になり、もう少しで3年経つと答えると、「メチャクチャ長持ちするな!」と驚かれました。

友人の話しを聞くと今まで利用していたiPhoneは全て1年半~2年経つくらいの時期になると、何もしてないのに突然電源が切れたり、突然画面がフリーズしたりと操作に支障をきたす事が増えてくるという事です。

確かに他の知り合いもiPhoneは壊れやすく何年も同じ機種を利用できないという話しを聞きますが、僕は全然共感することができません。

なぜなら、僕が今利用しているiPhone 5sはもう少しで3年目になりますが、今まで一度も故障した事もなければ、今でも操作に不具合を感じた事も一度もないからです。

そして、以前利用していたiPhone 4sも3年以上利用してましたが、最後まで普通に使う事ができていました。

これは僕の使い方がいいのか、それとも他の人の使い方が悪いだけなのかは分かりませんが、僕のなかでiPhoneを利用する上で意識している事をいくつかあるので、紹介しようと思います。

iPhoneカバーは付けない

僕はiPhoneカバーを付けないタイプです。

iPhoneを落としたり、ぶつけてしまうと衝撃が直で伝わり故障のリスクが高い為、iPhone利用時は常に注意しています。

そのかいもあってiPhoneを落としたり、ぶつけたりすることはほとんどありません。

やはり、故障の原因で一番多いのはiPhoneの落下だと思うので、落としたり、ぶつけたりすることに対する意識を上げたいようであれば、あえてカバーを外してみましょう。

アプリは必要最低限のだけインストールして、利用しなくなったら定期的にアンインストールする

基本的にアプリは積極的にインストールしません。

一時的に面白そうなゲームや便利そうなアプリをインストールする事はあっても利用しなくてなれば直ぐにアンイストールしています。

アプリのアンインストールはデータ容量の削減やバッテリーの負荷対策にも繫がるので、定期的に行っています。

充電はバッテリーが少なくなってから

人によってはバッテリー残量が多く残っていても、充電するチャンスがあれば充電する人もいますが、僕はバッテリーが少なくならないとやりません。

もちろん充電するチャンスが今しかなく、これからとうぶん充電できないという場合であれば話は別ですが、基本的には一日一回の充電です。

Wi-Fiを利用しない時はこまめにWi-Fi設定をOFFにする

外出時などWi-Fiをつなぐ事ができない環境ではWi-Fi設定をOFFにします。

コントロールセンターを開けてば1タップでON/OFFが切り替えれるので、そこまで手間ではありません。

 ファイル 2016-05-18 18 38 28

iPhoneの動作が軽くなるやバッテリーの減りを軽減する裏技は積極的に試す

iPhoneが動作が早くなるや、バッテリーの消費が軽減されるなどのiPhoneがより便利に使える裏技は積極的に試します。

また、情報収集も積極的に行ってます。

関連:iPhoneの動作、バッテリー消費の不満を解消する8つのスゴ技

関連:iPhone使用時にバッテリーの減りが早いと感じた時の対処法

関連:iPhoneが動作しなくなった際にの対処法

画像や動画などのデータはクラウドに保管してiPhoneからは削除する

「iCloud」や「Dropbox」などのクラウドサービスを利用して定期的に画像や動画などのデータをクラウドに保管します。

そしてiPhoneからはデータを削除して可能な限り、端末のデータ容量はを減らすよう意識しています。

定期的に電源をOFFにする

僕は定期的(2週間くらいに1回)の頻度で1時間くらい電源をOFFにして、iPhoneに休憩する時間を与えています。

まとめ

僕が意識している7つの事を紹介させて頂きました。

これをやったからと言ってiPhoneを長く利用できるとは限らないですが、僕は結構効果があると思ってます。

是非、お手持ちのiPhoneを長く利用したいという人は是非、試してみてください。