iPhone7が発売されるからこそ、iPhoneの歴史をまとめてみた。その⑤

シェアする

こんばんわ!今日は昔から応援しているサンフレッチェ広島がFUJI XEROX SUPER CUPでガンバ大阪に3-1で勝ち優勝したので非常に気分が良いモリ丸です。

ブログを開始してから書いているiPhoneの歴史シリーズは今日、紹介する【iPhone6/iPhone6Plus】で最後になります。

【iPhone6/iPhone6Plus】

images

iPhone6/iPhone6Plusは2014年9月9日に発表され、本を含む10の地域にて同年9月19日より発売が開始しました。

iPhone5s/5cと同様に docomo, au, softbankの3キャリアから発売される他、なんとAppleストアにおいてもSIMフリーモデルが発売されました。

SIMカードとは、携帯電話会社が発行する、契約者情報を記録したICカード

IT用語辞典

iPhone5sに比べ画面サイズが大きくなり、iPhone6は4.7インチ、iPhone6Plusは5.5インチ(千円札とほぼ同じ大きさ)となります。

利用者に聞くと少し画面サイズが大きすぎて、操作は以前の機種の方がやりやすいという話しをよく聞きます。

僕も実際に触ってみましたが、iPhone6はギリギリ手のひらに収まる大きさでしたが、iPhone6Plusは、もう携帯というよりかはタブレットと言ってもいいほどの大きさだなと感じたので、片手で操作したいという方にはあまり向いてないかなと思います。

また、搭載されているカメラが出っ張った構造になっていたため、「Appleぽくない」とデザインに関しても賛否が分かれる事になりました。

CPUはApple A8が搭載され、iPhone5sに比べて25%の高速化、グラフィック性能については50%の高速化を実現してます。

iPhone5sから搭載されたモーションプロセッサは、iPhone6/6Plusでは「Apple M8」を搭載した事で、従来プロセッサの機能に加え、新しく「気圧(高度)」が測定可能となりました。

また、“おサイフケータイ”でお馴染みの「NFC(近距離無線通信)」が搭載されているのも注目するポイントです。

iPhone6の主なスペック

iPhone5sとの変更点は太字

CPU:Apple A8 1.4GHz。L2キャッシュ:1MB。64bit

メモリ:LPDDR3 SDRAM 1GB

ストレージ:16GB, 64GB, 128GB

ディスプレイ:4.7インチ(画面縦横比16:9)、326ppi

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ、指紋認証(Touch ID)、気圧計NFC

カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps/60fps。スローモーション:HD720p-120fps/240fps

カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps。

バッテリー:mAh

SIM:nano SIM

色:スペースグレイ、シルバー、ゴールドiOS:iOS 8

iPhone6 Plusの主なスペック

iPhone5sとの変更点は太字

CPU:Apple A8 1.4GHz。L2キャッシュ:1MB。64bit

メモリ:LPDDR3 SDRAM 1GB

ストレージ:16GB, 64GB, 128GB

ディスプレイ:5.5インチ(画面縦横比16:9)、401ppi

センサー:GPS、デジタルコンパス、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、3軸ジャイロスコープ、指紋認証(Touch ID)、気圧計NFC

カメラ(背面):800万画素。動画撮影:FullHD1080p-30fps/60fps。スローモーション:HD720p-120fps/240fps光学手ぶれ補正

カメラ(正面):120万画素。動画撮影:HD720p-30fps。

バッテリー:mAh

SIM:nano SIM

色:スペースグレイ、シルバー、ゴールドiOS:iOS 8 〜 未定

初代iPhoneからiPhone6、iPhone6Plasまで紹介してきましたが、iPhoneの進化は本当に凄いですね!!

次回の機種にも期待しましょう!

それでは今日はこのへんで!

関連:iPhone7が発売されるからこそ、iPhoneの歴史をまとめてみた。その①

関連:iPhone7が発売されるからこそ、iPhoneの歴史をまとめてみた。その②

関連:iPhone7が発売されるからこそ、iPhoneの歴史をまとめてみた。その③

関連:iPhone7が発売されるからこそ、iPhoneの歴史をまとめてみた。その④