格安SIM業界の最安値に挑戦する「DMM mobile」 のまとめ

シェアする

業界最安値に常に挑戦するMVNO業界の注目株がDMM mobileです。

DMM.COMが提供する「DMM mobile」は常に業界最安値を目指す事を公言しています。

1~20GBまでの幅広いプランを展開しており、どの容量のプランでも最安値クラスを実現しています。

今日はこれからのMVNO業界を引っ張っていく事間違いなしの「DMM mobile」の特徴をまとめてみました。

低速プランは業界最安値

通信速度が200kbpsに制限されるDMM mobile「ライトプラン」は各社の低速プランのなかでも業界最安値です。

さすがに動画サイトの読み込みなどには時間がかかりますが、メールやLINE、軽めのウェブサイトの閲覧が中心であれば、それほどストレスはないではずです。

各社の低速プランの比較
MVNO 音声対応SIMカード データ通信専用SIMカード(SMS非対応)
DMM mobile 1,231円 475円
Wi-Fi+LTE SIM 480円
楽天モバイル 1,350円 567円
エキサイト 723円

関連:【驚愕】 国内MVNOの格安SIMのプランで最も高いプランはコレだ(笑)

端末ラインナップが豊富

iPhone 6の新古品/未開封端末を含め、全部で14もの端末を取り扱っている。

販売端末に適したアクセサリをDMM通販で購入する事も可能です。

端末によっては、購入時にDMMポイントが別途付与される事もあります。

主要セット販売スマホ
メーカー名 機種名 端末代(分割) 端末代(一括)
ファーウェイ GR5 1,998円×24ヶ月 3万7,584円
P8lite 1,641円×24ヶ月 3万888円
Ascend G620S 735円×24ヶ月 1万3,824円
Ascend Mate7 1,710円×24ヶ月 3万2,184円
ZTE Blade V6 1,137円×24ヶ月 2万1,384円
エイサー Liquid Z530 1,423円×24ヶ月 2万6,784円
富士通 arrows MO2 1,710円×24ヶ月 3万2,184円
シャープ AQUOS SH-MO2 2,284円×24ヶ月 4万2,984円
ASUS ZenFone 2 Laser 1,423円×24ヶ月 2万6,784円
ZenFone 2 1,825円×24ヶ月 3万4,344円

月額使用料に応じポイントが還元される

端末代金や、月々の支払い額の10%がDMMポイントとして還元されます。

貯まったポイントは1ポイント1円でDMM.comが提供する動画配信などのサービスで利用できます。

普段からゲームや動画、ECなどでDMMプラットフォームを利用している人には嬉しいサービスです。

通信制限時でも読み込みが早い「バースト転送」

「バースト転送」とは容量超過で通信速度が200Kbpsに制限された場合も最初の一定量だけ高速通信を利用できるDMM mobileならではの独自機能です。

テキストベースのサイトであれば、さほど違和感なく閲覧する事が可能です。

主要料金プラン

通信量コース名 月額料金(音声対応) 月額料金(データ専用) 通信容量 最大通信速度 制限時の速度 対応SIM 通信容量の繰り越し 最低利用期間
ライト 1231円 475円 無制限 200Kbps 標準マイクロナノ 翌月まで 利用開始月の月末
(データ)12ヶ月(音声) 
1GB 1360円 518円 1GB/月 300Mbps 200kbps
2GB 1490円 831円 2GB/月
3GB 1620円 918円 3GB/月
5GB 2062円 1306円 5GB/月
7GB 2764円 2008円 7GB/月
8GB 2894円 2138円 8GB/月
10GB 3121円 2365円 10GB/月
15GB 4644円 3888円 15GB/月
20GB 6458円 5378円 20GB/月

関連:iPhoneを使って月のデータ通信量を確認する方法

主要オプションサービス

サービス名 価格 内容
セキュリティオプション 270円/月 セキュリティソフト「secure Anywhereモバイル プレミアム」を提供。不正アプリのブロックや、紛失時の位置情報探索に対応。
端末交換オプション 378円/月 セットで購入したスマホが故障・紛失した場合、代替製品か同機種のスマホを受け取ることができる。
追加チャージ 216円/100MB 容量は100MB、500MB、1000MB(1GB)単位で追加可能。3ヶ月繰り越し可能。
648円/500MB
1188円/1000MB
518円 余った容量は翌月に繰り越せない

イマイチな点はSIMがネット販売のみ

DMM mobileの格安SIMは店舗での販売なしておらず、ネット販売のみでの購入になります。

その為、何かトラブルや不明な点があっても基本的に全て自分で解決する必要があります

よくDMMのプラットフォームを利用する人にはオススメ

「DMM.com」でよく動画や電子書籍、ゲームなどを利用していて格安SIMを検討している方はには「DMM mobile」はオススメです。

月額使用料などで10%のポイントが付与される為、毎月ポイントが貯まり「DMM.com」の好きなコンテンツに利用できます。

格安SIMを検討している人は「DMM mobile」も検討してみてください。

公式:DMM mobile



関連:格安SIMに変更できるiPhoneと機種とSIMロック解除方法を紹介

関連:格安SIM「ロケットモバイル」登場!なぜ月額0円にできるのか?

関連:格安SIMのプランを容量別に4つのタイプに分類

関連:格安SIMに向いてる人の特徴4選

シェアする

フォローする