格安SIMを利用するメリットと切り替える際の注意点をまとめてみた

シェアする

こんばんわ!モリ丸です。

最近、流行り初めている「格安SIM」

総務省がキャリアに対して「SIM」ロック解除を義務化した事で、格安SIMに切替えようと考えている人も多いじゃないでしょうか?

実際、僕も今悩んでます。

先日、ソフトバンクで「iPhone SE」をネット予約したんですが、AppleがSIMフリー版iPhoneを一斉値下げした事と、格安SIMの料金の安さを改めて実感し、ソフトバンクの予約を取り消して、SIMフリー版「iPhone SE」を購入して格安SIMを利用した方がいいんじゃないかと。。。

関連:【朗報】AppleがSIMフリー版iPhoneを一斉値下げ

そこで、今日は「格安SIM」を利用する際どんなメリットがあるのか、格安SIMに切り替える際の注意点をまとめてみました。

格安SIMへの切り替えを検討している人は参考にしてください。

格安SIMに切替えるメリット

月額料金がキャリアよりも安くなる

一番はこれですね。

格安SIMの料金はキャリアよりも割安に設定されているので、月額1,000程度のプランを利用すれば、毎月5,000円以上節約できるケースもあります。

「2年縛り」などの継続利用契約がすくない

格安SIMは最低利用期間が設定されてないか、または、6ヵ月~1年という短期間の場合が多いです。

キャリアのように違約金や利用条件に縛られることなく、すぐに解約できるのも魅力の一つです。

多彩なプランを選択できる

格安SIMを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)は現在、100社以上と言われており選択できるプランもとても豊富です。

低速ながら激安で使えるプランや、速度制限をきにしなくていい容量無制限プランなど、自分にベストなプランを選択する事ができます。

格安SIMに切替える際の注意点

容量を使い切ると速度が制限される

容量がすくないプランで運用する場合、意識せずに使い過ぎてしまうと規定容量に達し、通信速度が制限されます。

これはキャリアのSIMを利用していても同じですが、格安SIMの場合、幅広い容量でプランがあるので、契約する際は自分が月にどれくらいデータ通信料を利用しているかを確認した上でプランを選択しましょう。

また、実際に利用を始めたらこまめにデータ通信料をチェックするクセを付けましょう。

家電量販店で手に取りながら選択を

格安SIMを提供しているMVNOの中には実店舗を持ってない事業社もあります。

そういう事業社の格安SIMはホームページから購入できますが、よっぽど格安SIMの事を調べて詳しい方以外は知識のある人のアドバイスを受けて購入した方が失敗しません。

家電量販店に行けばある程度の格安SIMは取り扱っているので、自分に合ったMVNO、プランを店員さんと相談して決める事をオススメします。

キャリアサービスが使えなくなる

「~@docomo.ne.jp」や「~@softbank.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」などのキャリアメールや家族割りなど、キャリアが提供するサービスはそのキャリア独自のサービスなので、格安SIMに切替えた場合はこれらの機能は使えくなります。

特にキャリアメールでアカウト発行やWEBサービスの登録をした場合、特に設定を変更してなければ大切な情報はキャリアメールに届く場合が多いので、格安SIMに切替える前に事前にメール受信のアドレスの変更を行いましょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?

やはり、キャリアのSIMを利用するより、格安SIMを利用する方が断然、料金が安くなるはずなので、しっかりと自分あったプランを選択できるばメリットの方が大きいと思います。

そして、切り替える際には失敗をしないように本日、紹介した「容量を使い切ると速度が制限される」「家電量販店で手に取りながら選択を」「キャリアサービスが使えなくなる」の3点をしっかりと頭に入れておきましょう。

関連:格安SIMのプランを容量別に4つのタイプに分類

関連:SIMフリーの内容を分かりやすく簡単に解説

シェアする

フォローする