2017年発売予定のiPhoneでデザインが大きく変る可能性あり。

シェアする

こんばんわ!モリ丸です。

本日から「iPhone SE」の販売が開始し、今年の秋には「iPhone 7」の発売が噂されているなか、もう2017年に発売予定のiPhoneの情報が出始めました(笑)

この情報はKGI証券の名物アナリストMing-Chi Kuo氏が予想している内容です。

基本的にiPhoneは2年毎に本体デザインを大きく変更するメジャーアップデートをしており、今までパターン通りだと「iPhone 7」でメジャーアップデートを行い、2017年に発売される「iPhone 7s(想定)」ではマイナーアップデートになる流れが普通ですが、Ming-Chi Kuo氏は2017年に発売予定のiPhoneもメジャーアップデートをすると予想しているようです。

2017年発売iPhoneのメジャーアップデートの内容

さて、一体どれだけ大きく変るのかまとめてみました。

iPhone 4/4Sと同じデザイン??

iphone4s

本体素材候補としてガラス/プラスチック/セラミックの3つで検討しているようですが、この中のガラスを使用する可能性が高と予想されてます。

今までのiPhoneでガラス素材を使用していたのが「iPhone 4/4s」です。

2017年発売予定のiPhoneも「iPhone 4/4s」と同じ、本体の前面、背面ともにガラス素材で側面は金属素材が用いられる可能性が高く、そうなればデザインはほぼ「iPhone 4/4s」と同じになります。

ガラス素材にする事で現行モデルの「iPhone 6s/6s Plus」で使用されているアルミ合金よりも軽量化しやすくなるメリットがあります。

画面は5.8インチの曲面ディスプレイを採用??

ディスプレイについては現行で最も大きい「iPhone 6s Plus」の5.5インチより更に大きい5.8インチとカーブディスプレイを搭載すると言われてます。

前後がガラス製でカーブディスプレイを搭載…と聞くとサムスンの「Galaxy S7 edge」と同じようなイメージも沸いてきますね。

asdf

側面はこんな感じになるんでしょうかね。

有機ELディスプレー搭載??

既に「iPhone 7」でも噂されている有機ELディスプレイを搭載する可能性があります。

関連:iPhone8が搭載予定の有機ELディスプレイって何?

ワイヤレス充電機能の搭載??

「ワイヤレス充電」とはケーブルを使わず、特定の装置に載せるだけでスマートフォンなどの家電製品をチャージできる機能で、既にAndroidのGALAXYシリーズでは対応している機種があります。

バイオメトリクス認証の搭載??

バイオメトリクス認証とは顔や虹彩などの身体的特徴によって本人確認を行う認証方式です。

おそらく対応するとなると顔か虹彩(眼球の前面)での認証になると思います。

赤外線カメラが搭載され、暗闇の中でもiPhoneを見るだけでロックを解除することが可能になると予想されてます。

バイオメトリクス認証が搭載されれば、今の指紋認証やり厳重なセキュリティが期待できますね。

まとめ

この情報は2017年発売予定のiPhoneの内容なのでまだまだ、先の話しではありますが、もしこの予想が当たっていれば、今までのメジャーアップデートとマイナアップデートのタイミングが異なるので、iPhoneファンからしたらかなり大きな変化になります。

この内容を予想しているMing-Chi Kuo氏は今まで数々のApple製品についての予想を的中させており、直近だと本日発売が開始した4インチ型iPhone「iPhone SE」についても事前に正しく言い当てます。

まだまだ、先の話しではありますが実際はどうなのか楽しみです!

シェアする

フォローする