iPhoneのバッテリーを長持ちさせる裏技②

シェアする

こんばんわ!モリ丸です。

今、今日の夜ご飯を何にしようか考えてます。

候補は家の近くのバーミヤンか大戸屋かとんかつ屋のどれかですかね。

この記事を下記ながら考えてようかと思います。

今回はiPhoneのバッテリーを長持ちさせる裏技②です。

前回はバッテリーを無駄に使うアプリを探して動作を止める方法を紹介しましたが、その他でバッテリーの消耗を抑えたい時に欠かせないのが、通信の見直しです。

特にWi-Fiがオンになっていると、iPhoneは絶えず接続できるWi-Fiルーターを探し続ける為、バッテリーが消耗しやすいのです。

自宅を出たら個別の設定や「機内モード」を利用してWi-Fiでの接続を停止する事をお勧めします。

※「機内モード」にすると通話や通信(パケット通信やWi-Fiなど)といった電波を使った機能が全て利用できなくなるので、注意してください。

屋外では不要な通信をオフにする方法

iPhoneの画面を下から上へスワイプして「コントロールセンター」を開きます。

図3

①をタップしてWi-Fiをオフにする(色が白⇒グレーに変わります)

②をタップしてブルートゥースをオフにする(色が白⇒グレーに変わります)

図1

機内モードにする際は赤枠をタップすればできます(白色がオンです)

少し手間かもしれないですが、バッテリーの消耗を遅らせる事ができるので、本当に困っている方は是非、試してみてください。

それでは記事を書き終えたのごはん食べに行って来ます。

今日はとんかつにする事を決めました!