App Storeにリスティング広告が導入される!?

シェアする

こんばんわ!モリ丸です。

AppleがApp Storeの検索周りの改修を行う秘密のチームを結成したことが判明しました。

しかも、100人規模のチームです!!

そんなに人数を投入して検索周りの何を改修するのか気になりますが、どうやらApp Storeの検索にリスティング広告の導入を検討しているようです。

確かにApp Storeの検索の精度はあまりいいとは言えるレベルでないことは皆さんもご存じだとおもいます。

自分がインストールしたいアプリ名が分かっていれば、見つける事は簡単ですが、うろ覚えの場合はなんとなくのキーワードを検索窓に入力しても、自分の欲しいアプリにたどり着くのは大変です。

おそらく、Appleはリスティング広告を導入する事でユーザーが求めているアプリが見つけやすくなるユーザビリティの向上とリスティング広告に掲載する広告費としてアプリデベロッパーに支払われるお金が目的なのでしょう。

ユーザーからしてみれば、自分の求めているアプリが探しやすくなるだけなので、是非、導入をお願いしますって感じです!

リスティング広告って何?

リスティング広告は検索連動型広告やPPC広告とも呼ばれるインターネット広告の一つです。

皆さんもGoogleやYahooの検索窓にキーワードの入力して検索したページの赤枠に表示される広告を見たことがあると思います。

IMG_1370

これが「リスティング広告」です。

一般的なリスティング広告は広告がクリックされた時に課金が発生するクリック課金の仕組みをとってます。

リスティング広告に広告掲載をする広告主は自社の広告を訴求したいユーザーが検索窓に入力するであろうキーワードに対して金額を設定します。

そして、広告主が金額を設定したキーワードでユーザーが検索した際に、広告が表示され広告がクリックされたら課金が発生します。

このリスティング広告はインターネット広告の中では最も利用されている広告メニューの一つとして有名で、既に「Google Play」では導入がされてます。

リスティング広告はアプリデベロッパーの視点からみると歓迎すべきなのか?

App Storeにリスティング広告を導入する事はユーザーとAppleにとってはメリットが大きいと思われますが、広告を出稿するアプリデベロッパーや企業からしたらどうなのでしょうか?

この問いの回答はおそらく2つに分かれると思います。

資金力のあるデベロッパーや企業にとってみれば広告費を支払えば、アプリのDL数を簡単に増やせるようになるので、リスティング広告の導入をチャンスと考えているデベロッパーや企業は多いと思います。

しかし、リスティング広告に広告掲載する余裕のない個人デベロッパーや企業からしてみると、どんなに魅力的なアプリを開発してもリスティング広告の影響で検索結果の上位に表示されずらくなる可能性があるため、あまり歓迎はしてないのではないかと思います。

まとめ

リスティング広告の導入する事で得をする人たちとそうでない人たちが生まれる可能性があります。

この得をしない人というは資金力のない個人デベロッパーや企業のことですが、意外と彼らのアプリが魅力的で多くのユーザーに利用されているケースは多々あります。

そしてAppleも多少なりともその恩恵を受けている事は間違いありません。

その為、さすがに資金力のあるアプリだけ得をするような仕組みにしないはずだと思うので、どのようやロジック/運用方法になるかはとても気になります。

また、Appleはリスティング広告以外にもApp Storeの検索に関する何らかの改善も検討しているという情報があります。

しかし、リスティング広告も含め検索周りの改善が目的で結成された秘密チームも、結成されて間もない為、実際にリスティング広告が導入やその他の改善が実施されるのはまだまだ先の話になりそうです。